biographi


ULU a.k.a TATEYAMA

東京都新宿生まれ、新宿育ち。魚座。

幼少の頃より古今東西あらゆる種の音楽とアートに触れ、現在に至る。90年代初頭にアンビエントミュージックとアシッドハウスに影響を受け本格的にDJ/トラック制作を始め、DJに於いてはクラブシーンの黎明期より国内外のクラブ等でプレイ、Maniac love、Yellow、Cube,などでのレギュラーDJ、またRainbow2000、Nagisa、Fuji Rock Festival、春風など大型フェスティバルや、国内外数多くのイベント/パーティに出演。
93年Planchette名義で「Overdrive 01」のアシッドテクノアルバムをリリース、94年「Rolita/Pinkgrapefuits ep」(Natural-Hi Records)等をNYにてリリース、95年DJ TATEYAMA名義でDJミックスアルバム"Plus Alpha"を発表。96年、即興エレクトリックファンクバンド"AOA"の結成時から参加、シンセサイザー/マニュピレーターとして活躍し、以後2000年までに5枚のアルバムをリリース、2000年にオーストラリアツアーを敢行。
また、ダブミキサー/マルチプレーヤーとしてやテクノ、エレクトロニカクリエーターとして、イハールコネクト、Pillgrimm、ZaCafeなどの数多くのセッションをこなし、70年代ドイツプログレッシヴロック界の重鎮マニ・ノイマイヤーとのバンド『Amanogawa』ではアルバム"Eins"(Comma)を2005年に発表、2004年自身のレーベルコンピレーションアルバム"Atmosfero"(Nulorecords)のプロデュース。
2010年より、自作にてモジュラーシンセ製作を始め、各地にて発振活動を行う。